« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

移動

「 2013年クロアチア、ルーマニア、マケドニアツアー 」

5月中旬以降、お休みしてましたが・・・再開します。

ルーマニアの首都、ブカレストでの最後の夜は踊り付きのディナーショーを楽しみました。

翌日、ブカレストを離れて・・・移動します。

あさの朝食です。

2013_08131281


そして、ホテルのロビーに集合して・・・・

2013_08131284

そしてバスで移動。
しばらくはこんな集合住宅も・・・・見られましたが・・・

2013_08131285


しばらく行くと・・・こんな景色ばかりで・・・・

2013_08131286


トイレ休憩

2013_08131287


日本のようにサービスエリアや道の駅はありません。

ガソリンスタンドがその役目を果たしています。

給油以外に、コンビニのようなお店やスナックコーナーが併設されています。

2013_08131288


給油機。
軽油が2種類あるような?・・・

2013_08131289


そして、またバスで。

人数はそんなに多くないのですが、バスは大型なので・・・・3席に1名くらいで・・・楽ちんです。

| | コメント (0)

2014年6月29日 (日)

続き、姫路城

今の姫路城、すごく白が目立つのですが・・・瓦は黒色です。

でも・・・どうして??白っぽく見えるのでしょう?

以前、このブログで紹介しましたが、今年の1月まで、修理中の姫路城がすぐ近くで見える特別鑑賞室があり、そこで見たお城です。

Img_9900


Img_9920


このように黒い瓦を白い漆喰で固めています。

これを遠くからみると・・・・漆喰の白が目立って・・・・白っぽくみえるのでしょうね。

Img_9889


Img_9903


なお、この特別室は・・・もうありません、念のため。happy01

| | コメント (0)

2014年6月28日 (土)

姫路城の今と昔

先日、白くなった姫路城の動画と紹介しましたが、写真で今と昔の姿を見てみれば・・・その”白すぎるお城”・・・と言われているのが納得いくでしょう。

まず、2014年6月26日の屋根の覆いがとれた時の姫路城の写真です。

Img_0831


Img_0825


天守閣のアップです。

Img_0833


で、次が2012年4月に撮った、平成の大修理で、天守閣などが覆われている時の写真です。

Img_3047


天守閣は・・・まったく見えません。
なので・・・覆いの上にお城の絵が描かれています。
この状態が・・・数年続きました。

修理前の写真です。

Dscf1509


上のが2007年4月の花見の時。

下のが2008年4月の花見の時。

Dscf4498


どうでしょうか?

やはり、今のお城・・・白過ぎません?

まあ、2~3年すればカビが生えて元の姿になる・・・という話です。

ですから・・・今のお城が本来の姿・・・と言えなくもないですね。

見られるのは・・・今だけ・・・ですぞ。happy01

| | コメント (0)

SRCE通信

6月26日(木)の姫路バルカンSRCEの例会日記”SRCE通信”です。

「2014.6.26srceNo161.pdf」をダウンロード

SRCEの例会毎に出している例会記録、例会日記です。

| | コメント (0)

2014年6月27日 (金)

ぶーふーうー7月号

姫路フォークダンス協会の会報、ぶーふーうーの7月号です。

「2014.07_No332.pdf」をダウンロード

この間、姫路でベンツィの講習会をしたのですが、その時の講習曲”ネヴェンキノ”の歌詞を掲載しています。

歌いながら踊るのもいいですよ、是非お試しあれ。

| | コメント (0)

2014年6月25日 (水)

姫路城の今

世界遺産、姫路城は今、平成の大修理中ですが、天守閣の覆いがとれて、その姿を現しました。

その動画をこの6月24日に撮ってみました。

https://www.youtube.com/watch?v=UKhh-qDtWHc

今でしか見ることができない、白過ぎる城、白鷺城です。happy01

修理が終わり、姫路城内部まで公開されるのは2015年3月の予定です。

なお、それを記念して姫路で初のフルマラソンが開催されます。

http://www.himeji-marathon.jp/

姫路市体育協会の一員である姫路フォークダンス協会は、そのマラソンのサポートで参加予定です。

本人のマラソンへの出場は年齢的に厳しいものがありますが、サポートならなんとか・・・dash

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

ラ サルダーナ

前回はフラッシュモブでのシルタキでしたが、今回はラ サルダーナ。

スペインはカタルニヤ地方の民族舞踊、フォークダンスです。

この踊りは・・・それを踊りたい人が、その場所に集まって踊る・・・というものです。

まずはユーチューブからの動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=mdpYksV5SEA

荷物をサークルの真ん中に置いて・・・踊ります。

経験者はすぐに分かるのですが、踊るには荷物がじゃまになります。でも・・・治安の悪い海外ではその荷物の置き場に困ります。なので・・・いつも見張れるサークルの真ん中に置くのが一番安全・安心です。

・・・・ということで、同じステップを延々と続けます。

http://www.youtube.com/watch?v=XhK0BIZoyac

同様の踊りです。

この音、踊り方は日本でも踊ってますね。

http://www.youtube.com/watch?v=209aBoo5zXQ

ちょっと変わったところで・・・
見せるため、ショーとして踊っているようですが・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=lY-qI4lbbrc

また、これはサルダーナのコンテストでしょうか?
審査員が採点しているようで・・・

http://www.youtube.com/watch?v=AKirU_LycB4

・・・ということでネット上のユーチューブにはたくさんあります。

この辺で、サルダーナのうんちくを。

サルダーナを見たくてスペインへ見に行った日本人が書いているブログです。

http://koshiba841.exblog.jp/18580642/

このように、サルダーナを見たい、踊りたい人は行ってください。

また、行けない人は・・・これで楽しんでください。happy01

姫路でも例会で踊ったことがありますよ、覚えてますか?

なんでしたら・・・リクエスト曲でリクエストして踊ってください。

その時は、動画にあるように手はしっかりと上げて踊りましょう。dash
(荷物はサークルの真ん中に置かなくて大丈夫ですよ、日本ですからねhappy01

| | コメント (0)

2014年6月22日 (日)

その男ゾルバ

昔の有名な映画、”その男ゾルバ”で踊られた踊り、Zorba。

フラッシュモブってご存知ですか?

最近、日本でも見られるようですが、町中で突然、数名(または1人)が踊りだして、その人数がどんどん増えて・・・大勢となって踊ります。

そして・・・終われば・・・何事もなかったように・・・正常にもどっていく・・・というものです。

ネットなどで示し合わせて・・・・見ず知らずの人達が集まって踊る・・・というパフォーマンスです。

ユーチューブでギリシャのフォークダンス、シルタキ(ゾルバ)を踊るフラッシュモブを見ました。

なかなか面白いです。

http://www.youtube.com/watch?v=1U2bdXZzel0

これ以外に別のもあります。

http://www.youtube.com/watch?v=E0_M6afEe7A

これは、最後に壊した皿を片付けるのがご愛嬌。(^_-)

もしこんなシルタキのフラッシュモブが目の前で行われたら・・・あなたならどうしますか?

私なら・・・一緒に踊りますわ。dash

次のこれはオーストリアはウィーンのあの有名な教会の前の広場でのシルタキのフラッシュモブ

http://www.youtube.com/watch?v=ft0L-t-gWi4

そのあたりにいた観光客などがドンドン参加して踊っていく・・・というところがよく出ています。
でも・・・踊りは・・・はっきり言ってヘタですわ。まあ、観光客なんで・・・。

おまけ。

これが映画、”その男ゾルバ”のシルタキを踊っているシーンです。

http://www.youtube.com/watch?v=4UV6HVMRmdk

昔の映画なので・・・白黒です。

| | コメント (0)

2014年6月21日 (土)

日清の株主優待品が届きました

今年も届きました、日清の株主優待品が・・・・

Img_0805


中身は・・・これです。

Img_0807


このひよこちゃん、かわいいですね。

Img_0806


いつもなら空き箱はすぐ捨てるK子、これはお気に入りなのか・・・過去2年間(計3年間分)分の空き箱を捨てずにおいてました。

2013年はチキンラーメン発売から55周年なので・・・チキンラーメンが主役ですが、ひよこちゃんもいます。

Img_0810


そして・・・その前年の2012年。

あのひよこちゃんが主役です。

Img_0808


ちょっと横目で、かわいいですね、このひよこ。happy01

| | コメント (0)

2014年6月20日 (金)

カエルの合唱

家から見える景色です。

Img_0802


数日前に水が入りました。

Img_0803


すると・・・・途端にカエルの合唱が始まりました。

その賑やかなこと。

ところで・・・みなさん、そのカエルはどこから来た、と思いますか?

1、土の中にいた(冬眠?)のが水がきたのでよみがえった。

2、田んぼに入った水と一緒に流れてきた。

3、何もないところから発生した。

1~3のどれでしょうか、
それとも・・・これ以外でしょうか?

御存じの方、教えてください。

K子は毎年悩んでいたそうで・・・。

で、今年ある人からあることを聞いて・・・ああ、そうか、と思ったそうですが・・・はたして???

なんせ、水が入った当日からカエルが賑やかに鳴いてます。

あまりにも突然なので・・・カエルはどこから来たのか???・・・と。

| | コメント (0)

2014年6月19日 (木)

仙台でのアフターパーティー

仙台でのが・・・残ってます。

メンバーの集合写真です。

Img_0720


パーティー終了後に同じ体育館内にあるレストランでの2次会へ。

Img_0723


そして・・・地下鉄で駅前へ。
3次会にもおじゃましました。

Img_0729


Img_0735


そして・・・楽しかった仙台旅行もこれで最終です。

翌朝の朝食を食べて・・・・

Img_0736


仙台空港で、名物ずんだ餅を・・・・

Img_0737


Img_0742


久しぶりの小さな飛行機でした。

Img_0743


タラップで登ります。
おまけにエンジンは後ろに付いてます。

Img_0744


80人乗りくらいで。

パルのパーティープロです。

Img_0749


Img_0750


・・・・ということで、東北・仙台の4泊5日の旅は・・・終わりました。

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

アフターパーティー

で、FDパーティーが終わった後は、ホテルへ移動。

YMCA会館のお隣の六甲荘。でも崖の上なので・・・ぐるっと遠回りして・・・

着きました。

Img_0801


所謂、公共の宿の一種で、お値段の割には快適な宿でした。

まずはフロントで部屋割り待機。

Img_0787


部屋はラッキーにもツイン。

そして宴会場で夕食。

Img_0794


1杯目のビールの美味しかったこと。beer

Img_0790


Img_0788


Img_0789


夕食後、またまた別室で踊りの続きを・・・

Img_0799

Img_0795


子供の結婚式で出席できなかったジョンからの差し入れ。

Img_0798


Img_0797


そして・・・夜は更けていきました。

翌日の朝食。

Img_0800


これ以外に作りたてのオムレツをオーダー。

そして・・・急いで姫路に帰って・・・10時からのFD例会へ。

パーティーでは好みの踊りが多かったので・・・つい、踊りすぎて・・・この日の例会は・・・半分寝てました。

| | コメント (0)

2014年6月16日 (月)

神戸YMCA、バイバイパーティー

6月15日(日)の神戸YMCAフォークダンスクラブのバイバイパーティーにお泊り付きで行ってきました。

この7月末で神戸YMCA会館がなくなります。それに伴って神戸YMCAフォークダンスクラブもその踊りの拠点を別の場所に移し、神戸フォークダンスカンパニーという名前に変わります。

YMCAフォークダンスクラブは日本のフォークダンスの歴史にそれなりの地位を占めてました。

が、この神戸がなくなると・・・YMCA会館内で活動しているフォークダンスクラブはなくなる??のでしょうか?

Img_0765_3

40年ほど前は・・・この道をよく通いました。

少し早い目に到着。
1曲目から踊りました。

Img_0767_3

Img_0772_3

参加者は・・・北は仙台、南は九州から、昔の仲間などが集まってます。
そして・・・男性もそれなりに参加しています。

Img_0775_3

Img_0781

プログラムです。

「2014.06.15_kobeymca_pro.pdf」をダウンロード

古くからの名曲、新しい曲などが並んでます。

でも・・・それなりのお年頃ですから・・・中には体にやさしくない踊りも(昔はよかった、激しい曲もなんなく踊れたので・・・・)

冷房がないので・・・それなりに体力が消耗していきます。

Img_0777_3

Img_0778_2

Img_0779_2

私が昔、40年ほど前ですが・・・神戸YMCA・FDCに踊りに行っていたころ、最初のころは別の場所に会館がありました。もっと駅前に近いところです。
かまぼこ型の大きな体育館がありました。

そして・・・しばらくして今の会館に移転。

今の神戸Y.FDCの現役メンバーで一番古いトンボは、今の会館しか知らない・・・と挨拶で言っていたので・・・・、私はその前の会館を知っている数少ないひとりということが分かりました。happy01

そして・・・16時過ぎに踊りがおわり、移動です。

久しぶりに・・・しっかりと踊ったので・・・へとへとです。

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

周年記念パーティーへ

翌日、ホテルでの無料の朝食。

Img_0698


そして・・・地下鉄で終点の駅まで。

そして踊りの会場、仙台市体育館に着きました。

Img_0700


Img_0702


着いたのは・・・また音のかかる前で。

Img_0704


仙台パルの創立33周年パーティー。

Img_0705


そして・・・踊りが始まりました。

Img_0706


お昼は・・・駅前で買った駅弁です。

Img_0709


そして・・・午後に主催者、仙台パルのデモ。

Img_0714


デモは毎回続けているそうで・・・33回、それだけでも驚きです。

姫路からは・・・800キロは離れているのですが・・・それなりに顔見知りの方も。

また、思わぬ出会いも・・・ありました。

| | コメント (0)

2014年6月13日 (金)

仙台へ

そのあと、仙台へ向かったのですが、少し時間があったので、ガイドブックにあった塩釜の水産物卸センターへ。

でも・・・・

Img_0686


このように・・・閉まってました。

朝早くから開いているのですが、13時半には閉まります。なので・・・・sweat01

そして・・・仙台へ。

途中、かの有名な松島を通りました。
観光客・土産物屋がひしめいてましたが・・・・素通り。

何度も来たことがあるのですが・・・船が苦手なので・・・・。

そして・・・仙台のホテル着。
ビルの一角にあります。
コンフォートホテル、ここに2連泊。

Img_0691


そして・・・仙台駅前を散歩。

Img_0693


Img_0690


その後、私はここへ。

Img_0697


市民センターみたいなところでしょうか、仙台フォークダンス協会の夜の例会が行われていたのですが、そこへおじゃま。
だれも知り合いはいない・・・と思っていたのですが、いました。happy01
2時間ほど踊ってきました。

K子は・・・肉が当たったのか?明日のパーティーに備えて、ホテルでお休み。

さて、次の日はこの旅のメイン行事、フォークダンスパーティーです。

| | コメント (0)

2014年6月12日 (木)

板東さん講習会、満員、締め切りました

9月7日(日)の姫路での板東さんの講習会、6月から受付を開始したのですが・・・大変好評で、参加申込が定員の70名を超えたので・・・締め切ります。

多数の申込み、ありがとうございました。

もし、今後参加したいという方はキャンセル待ちでよければ承りますので・・・お知らせください。

空が出れば順次、案内します。

だた・・・空きが出れば・・・ということなので、参加できるかどうかは、わかりませんので・・・その点、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

石ノ森漫画館

この自動販売機、ここでしか、ありません。

Img_0667


サイボーグ009などでお馴染みの石ノ森漫画館です。

前に駐車している車。

Img_0676


Img_0683


からくり時計がありました。

Img_0672


時間がくれば、オープン、降りてきます。

Img_0673


ギャラりーもそれなりに集まってきます。

Img_0674


こんなのがあったので・・・

Img_0670


ツーショットで撮ってみました。

Img_0669


Img_0668


仮面ライダーシリーズもありました。

でも・・・ほとんどは撮影禁止なので・・・・annoy

Img_0680


Img_0682


漫画図書館もあったのですが・・・そんなに時間もないし・・・・。

もう少し009シリーズものがあればありがたかったのですがね。

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

朝食は・・

翌朝の朝食です。

Img_0656


昨日の夕食と同じ部屋です。

Img_0657


そして・・・車で釜石へ向かいます。

順調なドライブで、途中ウォーキング訓練?をしている生徒が大勢、歩いていました。
受験の精神力を鍛えるためなんでしょうか、途中のチェックポイントには先生や父兄が待っています。30キロは歩くのでしょうかね。

このレンタカー、アクアのメーターです。

Img_0662_2


左下に燃費が表示されています。
これは25.1キロ/Lですが・・・最終的には27.0キロ/Lまで伸びました。
でも・・・アクアのカタログ燃費は確か37キロ/Lくらい。
もう少し上げたかったな。

そして・・・・釜石で行ったところは・・・ここ。

Img_0664


Img_0665


このタマゴ型?の建物、あの津波が来た時には・・・1階は水没したそうです。

以前、自分の車で東北を廻った時にも来たのですが、その時は休館日で中には入ってません。

去年復旧、再オープンしたそうで・・・・再訪しました。

Img_0666


これで分かるでしょうか?
同じ世代なら・・・よく見たはずの漫画です。

| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

夕食です

では・・この宿の夕食です。

最初からにドーンと出ました。

Img_0645


夕食はこのような専用のお部屋で。

Img_0646


昔、使っていた宴会場を区切っています。
左の方に・・・元舞台の跡が・・・・。

Img_0647


お世話係りはおばさん1名とプラスアルファー、4組のみとはいいながら大変そうで・・・

Img_0648


最近は、温泉宿ではカロリーを気にするお客が多いでの、茶わん蒸しや天ぷらは出ないね…・と言いながら食べていたら・・・茶碗蒸しが出ました。

Img_0649

茶わん蒸しの、そのお椀がデカイ。

そして・・・初めて食べたリンゴのグラタン。
リンゴをくり抜いて中にグラタンが詰まってます。リンゴの産地ならではですね。

Img_0650

天ぷらも出ました。
そして・・・デカイ、アスパラの天ぷら・・・・、とにかく太い太いアスパラでした。

Img_0651


田舎風というのでしょうか・・・茶碗蒸しもこの天ぷらもデカイ。

Img_0587

そして・・・デザート。
ヨーグルトとコーヒー。

なんとか・・・ほぼ完食はしたのですが・・・・K子は翌日は大変でした、普段食べなれない肉に当たったようで・・・。
もうそれなりのお年頃なので・・・肉はそんなに消化できない体質になっていたようで。annoy

| | コメント (0)

SRCE通信

6月8日(日)の姫路バルカンSRCE通信です。

「2014.6.08srceNo160.pdf」をダウンロード

今回も先日、姫路で講習があったベンツィ(ブルガリア)です。

| | コメント (0)

2014年6月 9日 (月)

赤倉温泉

ここは赤倉温泉、しゃくなげ荘。

山形県の温泉です。

Img_0638


よくある温泉地の定石、川があって、その両岸に温泉旅館群が立っています。

Img_0643


温泉街?というほどではないのですが・・・散歩しました。

地元民専用の温泉風呂がありました。

Img_0644


しばらく観察していると・・・地元のおばさん、鍵がかかっている入口のドアを開けて入ってました。入るには専用の鍵が要るようで…。観光地に寄れば観光客にも開放されているところもあるんですが・・・、ここはダメなようで・・・。

で、この温泉地にもありました、道路を跨いだ跨線橋モドキの通路が。

Img_0640


Img_0641

Img_0642


あまり繁盛しているとは思えない温泉地ですが・・・泊っているしゃくなげ荘だけは・・・満員でした、たった4組限定の宿ですが・・・。

その部屋は2間続き。

Img_0625

右上に見えていますが・・・
奥にベッドルームがあります。

Img_0624


作り付けのベッド?に布団が敷いている・・・という感じで・・・。

高級マッサージチェアーと100インチはあろと思われるデカイ、テレビ。

このマッサージチェアーはしっかりと利用させてもらいました。

でも・・・この宿、アンバランスというかチグハグというか・・・・。

Img_0637


外見はこのように・・・K子がひいたようなうらぶれたような姿。

部屋には100インチのテレビやマッサージチェア。

でも居間にあるもう1台のテレビの台は・・・(写真にも出ていますが)32インチで普通ですが、その台がお粗末で転倒防止用に下に漬物石を置いたりして・・・。

次の間は後で改装したようで・・・元は2部屋だったのを1部屋にしたようで・・・・開かずの別の入り口があったり、洗面台とトイレも後付で・・・屋根にせり出して作られています。

下手な大工仕事のボロが目立ちます。

それはまるで・・・マケドニアやルーマニアによくあるホテルの部屋を思い出させてくれました。happy01

| | コメント (0)

2014年6月 8日 (日)

もうすぐ、満員、締め切りますよ

先日、お知らせした9月7日(日)の板東さんの講習会、大変好評で、参加申込が6月7日現在で約60名となりました。

会場の都合で定員制にしています。

定員の70名まで、あと10名です。

定員になれば参加申込は締め切ります。

是非参加したい方は申し込みをお急ぎ下さい。

会員の方は各例会で案内しています。

会員外の方はメールなどで古谷まで。個別に案内します。

| | コメント (0)

溝掃除の日

今日、6月8日(日)は姫路バルカンSRCEの例会日なんですが・・・溝掃除の日でもありました。

今年度は隣保長になってまして・・・、7時20分過ぎに2人で1輪車やスコップなどの道具類を取りに行きました。

そして・・・8時からK子が出席者点呼(欠席の場合3千円も取られる)、私が準備。

SRCE例会があるので・・・点呼だけして・・・K子は例会へ。私は溝掃除にはず・・・だったのですが、草引きになりました。

Img_0760


この溝、高さは2mほどあるので・・・背丈より深い。

いつもならこの中に入ってジョウレンで中のゴミ、土などを引き上げるのですが・・・エライさんが来て「今年はきれいので引き上げはないでええで」と。

で、結局草むしりに。

結果・・・集積場所に溜った草の山。

Img_0759


別の場所では泥なども引き上げたようで・・・。

そして・・・少し遅れてSRCE例会へ。

FDから帰ってきてから・・・ご褒美のお茶を1軒づつ配りました。

25軒のうち、3軒が欠席。

我が家も昔FDのため欠席となり3千円払ったこともあります。

でもね・・・3千円も取るのは・・・ベラボウと思いませんか。annoy

| | コメント (0)

2014年6月 7日 (土)

冷やし中華始めました

今日のお昼、冷やし中華にしました。

日清のラ王冷やし中華です。

Img_0757


上に載っている具は・・・手造りです。

なかなか・・・いけます。

| | コメント (0)

6つのお風呂へ

それでは・・・この宿の名物、お風呂へ。

早く着いたので・・・他のお客はまだいないようで・・・・

Img_0626


作法は・・・・入る時に、前に入浴中の看板を掛ける。
そして・・・中から鍵をかける、このように。(^_-)

Img_0654


これは一番大きな内湯(大浴場)。10人は余裕で入れる広さですが・・・それが独占できます。
そして・・・ここだけ、こんなサービスが。

Img_0655


いろんなシャンプー、コンディショナー、ボディソープがいろいろと。
K子によると・・・高級品ばかりとか・・・。

で、ここの大浴場です。

Img_0635


で、この隣の小浴場。

Img_0636


内湯はこの2つで・・・あとは露天風呂。

いずれもしっかり造られた立派な露天風呂です。

Img_0628


Img_0629


Img_0631


Img_0633


Img_0634


どれもしっかりした造りです。

昔、伊豆で(家族)風呂が20ほどあるのを売りにしている宿に行ったことがあります。
でもその宿の風呂は酷かった、2度と行きませんが・・・・。

ここへ行くまでのアプローチ、脱衣場もそれなりに・・・。

Img_0632


残念ながら・・・今回はうさぎちゃんの出演は・・・ありません。

次回、一緒に行ってうさぎちゃんとして、是非出演したい方はご一報ください。happy01
お待ちしています。

ホント、ここはお風呂好きには・・・いい宿で・・・・。

九州にもありますよ。あの黒川温泉の近くてすが、1日4組限定で・・・お風呂が4つあり入り放題、しかも1泊2食付で1万円(今は・・・多少上がっているかも・・・) 蕎麦が美味しい温泉宿です。

| | コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

山形の温泉へ

山形県に入りました。

とある道の駅で休憩。

Img_0613


スイカの名産地みたいですが・・・まだ少し早いです。

Img_0615


この辺りはそば街道と言われていて・・・蕎麦の美味しいところ。
その蕎麦を食べる予定でしたが・・・・。

でも・・・お腹は減っていないし・・・道に迷ったお蔭て予定より少し遅れていたので・・・お昼ご飯は抜きに。(我が家の温泉旅行では大抵はお昼抜きです)

そして赤倉温泉の宿へ。

Img_0617


この駐車場に車を入れて・・・

この坂道を自分で荷物を持って・・・あがります。(この宿はお迎えはありませんので)
昨日の宿とはえらい違いで・・・(^_^;)

Img_0618


そして・・・着きました。

Img_0619


赤倉温泉のしゃくなげ荘。

一応歓迎の看板もありました。

Img_0620


この宿、1日に4組限定。
でも・・・露天風呂が4つ、内風呂が2つの計6つのお風呂があります。

つまりお客さんの数よりお風呂の数の方が多いという宿。しかも無料で貸切で何度でも24時間入れます・・・というのが売りの宿です。

でも・・・K子は引きました。(^_^;)

Img_0637


事前にこのような宿の写真を見て・・・・。

15時は過ぎているので、とりあえず、おばさんに案内されて部屋へ。

Img_0621


お茶とお菓子、こんやく玉も。

Img_0623


名物のこんにゃく玉、熱々でした。
食べたかったのを食べられてご機嫌のK子。

早い目に着いたのは・・・この宿の名物、露天風呂めぐりをするため。

早速、露店風呂へ。

さて・・・うさぎちゃんは登場するのでしょうか???

| | コメント (0)

講習会の申込みの受付を開始

9月7日に姫路で行う、板東和子さんの講習会の参加申込を開始しました。

彼女は全国的に知名度も高く、この講習会はすぐに満員締切(定員約70名)になる可能性が高いです。

なので・・・お急ぎください。

問い合わせ・申込みなどは古谷までメールなどで連絡下さい。個別に案内します。

姫路フォークダンス協会では毎年2~3名の外部講師を招いて講習会をしています。

2013年度はヤニス(ギリシャ)、アフメット(トルコ)、ジョー(ギリシャ)と3名とも外国人講師でした。

今年度、2014年度は4月にベンツィ(ブルガリア)、そして12月にシュムリク(イスラエル)と外国人。そしてこの9月に日本人講師として板東和子さんの講習会を行います。

通常1名は日本人なのですが・・・去年は・・・全員海外講師でした。

姫路での講習会、会場がそんなに広くないし、また講習会では全員がいつも講師の姿を見られる状態で講習会をしたい・・・と思っています。
会場は230平米の体育館なので・・・1重円では約70名くらいが限度です。

姫路の会員数がそれなりにあるので・・・会員外の参加余地数は通常なら20名ほどです。

今回は日本語でのコールなので・・・会員の参加者も増えるかも。

そうなれば・・・・・。

| | コメント (0)

2014年6月 5日 (木)

蔵王のお釜

蔵王のお釜を目指して・・・登って行きます。

Img_0604


雪の壁の道を進みます。

まるで・・・立山の”雪の大谷”を進んでいるような具合です。

Img_0605

高度が1000メートルを超えているので・・・まだ雪がたくさん残っています。

そして・・・やっとお釜の駐車場に着いたのですが・・・この頃から周りの景色が一変しました。

Img_0606


そうです、霧が出てきて・・・10メートル先が見えません。

やっぱり今日もダメだったかと・・・半ばあきらめてお釜に向かいました。

Img_0607


やっぱり見えません。

Img_0609


この標識の向こうに見えるはず・・・なんですが。annoy

でも・・・一瞬ですが、見えました。

Img_0612


Img_0611


一瞬でしたが、風が霧を吹き飛ばして・・・・・お釜が見えました。dash

普段の行いがいいのでしょうね、ということにしておきましょう。(^_-)

そして、またすぐに霧がかかってなにも見えなくなりました。

| | コメント (0)

2014年6月 4日 (水)

雪が残っていた!

宿を立ち、蔵王のお釜へ。

でも・・・お釜はナビにはセットできませんでした。

仕方がないので・・・途中の宿をセット。
出発しました。

でも・・・それが間違いで・・・・。

その宿に到着、次のポイントをナビにセットしたのですが・・・何だかおかしい。

時々人家はあるのですが・・・全部無人みたいで・・・。

夏、あるいはスキーシーズンのみ人がいるところみたいで・・・・別荘地かな。

やばい・・・と感じてナビを当てにせず、人に道を聞こうと・・・何軒かおじゃましたのですが・・・何処も無人で・・・。車が停まっているところもあったのですがね。

やっと1軒で人に会えて・・・道を確認。

お蔭で、なんとか蔵王エコーラインの入り口のこの鳥居に到着しました。

ナビは時として人の期待を裏切ります。

Img_0592


でも・・・宿の出てから走った道、蔵王エコーラインって標識も出ていたし・・・ちゃんと走っていたはずなんですが・・・1つ南を走っていたようで・・・・???30分ほど時間を無駄にしました。(^_^;)

このあとは順調に走行。

でも・・・道の両側に雪が・・・

Img_0594


Img_0595


景色のいいところで休憩。

Img_0598


Img_0600


まだ、雪がしっかり残っています。

蔵王のお釜はこれまで何度か行ったことはあるのですが、お釜を見られたのは・・・半分くらい。あとは霧が深くて見えなかった。

今回は・・・・どうなるでしょうか???

| | コメント (0)

2014年6月 3日 (火)

朝食は・・・

部屋にこんなのがありました。

Img_0569


常夜灯、と言うのでしょうか、夜に寝る時に点けている灯りです。

ホテルならベットの下を照らす灯りですが、ここは旅館なので・・・こんなように・・・。

Img_0570


そして・・・翌日の朝ご飯。

私は和、K子は洋をオーダー。

昨日のお食事処へ案内してもらいました。

Img_0581

Img_0585


メニュー付きで・・・

朝のメニューまで付いているのは、珍しい。

Img_0588


Img_0584


そして・・・和にはこのあたりの名物温麺(うーめん)が付いてました。

Img_0586


そうめんなのですが・・・ちと太い。
そうめんなら”にゅーめん”と言うところですが・・・そうめんよりは太い。
でも歯触りはそうめんです。

デザートにヨーグルトとコーヒー。
旅館で朝にコーヒーが出ないことはよくあるのですが、嬉しいことにここでは出ました。

Img_0587


ほんとレトロな旅館です。

Img_0589


いまでも東北の温泉地では残っている所もありますが、ここは昔は湯治宿として使われていたそうです。

Img_0591


実際、ここに泊まるのは・・・躊躇しますが、食事だけなら○、雰囲気もそれなりに。
泊る別館は古いながらもちゃんとリニューアルして過ごしやすくなっていますし、従業員の接客もいいです。
再訪したいお勧めの宿の1つです。

反対に、昔、城崎温泉で、さる文人が泊ったのを売りにしている古い旅館に泊ったことがありますが・・・、そこへの再訪は、ありません。

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

散策へ・・・

食後、まだ明るかったので・・・お出かけ。

・・・と言っても、温泉街などはありませんが・・・。

別館の玄関先、こちらが宿泊棟。

Img_0571


そして・・・こちらが本館。

Img_0580


以前は湯治客用として使っていたそうです。

Img_0579


古くて・・・すぐに壊れてしまいそうですが・・・あの東北大地震にもビクともしなかったそうです、ガラス1枚も。釘を使わない宮大工の技で作られているそうで・・・さすが・・・ですね。

今では食事処として使われています。

道を隔てて建っているので・・・その間の往来に使われているのが・・・この跨線橋もどきの通路です。

Img_0574


Img_0576

Img_0577


ホント、お客にとっては便利なんですが・・・こんな通路、法的には大丈夫なんでしょうかね。
私道だったらいいのかな??

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

10月のアタナスパーティーがもうすぐ締め切りに・・・

10月18,19日(土、日)と豊ヶ丘でアタナスの米寿パーティーが行われます。

その内、18日(土)はもうすぐ定員になり、締め切りが近いそうです。

私は主催者ではないのですが・・・是非参加したい方は申し込みをお急ぎ下さい。

| | コメント (0)

夕食は・・・

さて、お楽しみの夕食です。

泊っているのとは別棟、あの古ーーーい、本館がお食事処となっています。

仲居さんに案内されて向かいます。

Img_0544


驚きの渡り廊下で、向かいます。
これではよく分からないので・・・別のタイミングで撮った写真を・・・・

Img_0573


”時の廊下”と言ってましたが、道路の上を跨いで橋(廊下)がかかっています。
まるで駅にある跨線橋のように・・・・。
このように道路で隔てた本館と別館、外に出ないで往来することが出来ます。

でも・・・建築基準法などに引っかからないのかしら???
道の上に建築物を作れるのなら・・・大変な事になりそうで・・・・。

翌日に泊った温泉街にもあったので・・・(>_<)

で、・・・・

Img_0566


着きました。

Img_0567

個室料亭。

Img_0546


おしながき

Img_0548


Img_0549


Img_0551


仲居さんに撮ってもらいました。

Img_0553


刺身ですが・・・

Img_0554


飲み物はビール、そして冷酒。

Img_0556


深海魚の煮魚。ちょっと・・・

Img_0557


Img_0559


そして・・・ご飯。

Img_0560


床の間にはこんなのが。

Img_0561


最後にデザート。

Img_0562


Img_0564

温泉宿の料理は多めなんですが・・・
まだ1泊目なんで・・・なんとか完食しました。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »