2006年8月 9日 (水)

動画 ルーマニアの名曲”ひばり”の演奏。バイオリン VS ナイ

それは30年ほど前の話です。

NHKのFM放送で民族音楽のコーナーがあり、小泉文夫さんが色んな音楽を聴かせてくれていました。
私は東欧の音楽をよく聴いていました。

そこで出会ったのがナイの名手、ゲオルゲザンフィル演奏によるルーマニアの名曲”ひばり”(チルチルリア)でした。
楽器でこんな音色がよく出せるなあー・・・・と関心しました。

で今回、現地でこの曲を聴いたのですが、なんとK子はこの曲をバイオリンで弾く曲だ、と思っていた、というのが判明しました。
逆に私はナイでの演奏だ、と思っていました。

そこで今回目出度く、現地ルーマニアで、

ある場所でバイオリン、

別の場所でナイでの演奏を聞く事が出来ました。

この2種類の楽器でのそれぞれの演奏、どちらも捨てがたい味わいがあります。

見て、聴いてください。

動画ファイルの容量が大きいので通信環境が光、ADSL以外の方は注意ください。

1,バイオリンでの演奏 「hibari2.wmv」をダウンロード  (17.2M 3分23秒)

2,ナイでの演奏 「hibari.wmv」をダウンロード  (15.9M 3分8秒)

| | コメント (2)